ニシガワ図鑑とは?

毎年三月頃、岡山県の西川アイプラザで行われる舞台藝術祭です。
演劇、ダンス、音楽、アートなど様々な分野のパフォーマーが一堂に会して公演を行います。
岡山の地でなされる様々な表現に触れることができる、まさに「図鑑」のような催しです。

ニシガワ図鑑のねらい

従来、地域の舞台表現には
・出演者や鑑賞者が同じ領域の人に限られ、自己満足に陥りやすい
・予算や時間の都合から小規模で単発的になりがち
といった問題点がありました。

ニシガワ図鑑では違うジャンルで活動する表現者同士でチームを組むなど、これらの問題点を克服するためのシステムを構築。実験的で刺激的な舞台表現を実現していく場を提供します。
これにより表現者は互いに刺激しあい、新たな表現へのきっかけや出会いを得るとともに企画力や表現力を育みます。
また鑑賞者にとっても数多くの表現者や新たな芸術に触れる機会となり、観客の質と量の向上につながります。
この取り組みを毎年繰り返すことにより、岡山における舞台藝術がより高まり広がっていくことをねらいます。

特徴とその効果

企画のねらいを達成するため、次のような特徴的なシステムを構築しています。

①表現者は他の異質なジャンルの参加者と一緒に舞台づくりを行う。
→交流や連帯感が生まれるとともに、互いに刺激しあい新たな表現へのきっかけを得る。
また鑑賞者にとっても、新たな表現者や芸術に触れる機会となる。

②各出演者チームはチケット売り上げのうち50枚分を運営費として提出し、残りを収入とする。
一方で売り上げが50枚を下回った場合でも、差額は徴収しない。
→出演者は資金面の心配なく公演の規模を確保できる。

③副題を「パフォーミングアーツをツアーしよう」とし、すべての公演を鑑賞することができる格安のツアーチケットを発行する。
また、出演者にはパスカードを渡し各公演を鑑賞しやすくする。
→参加者はより多くの舞台を楽しむ機会を得て、各ジャンルの観客層が波及的に広がる。

④会場(西川アイプラザ)と実施時期(3月)を確定し、会場の指定管理者であるクラレテクノ株式会社と共催する。
→企画の継続性が高まり、地域における文化・芸術の活性化に寄与する。

⑤演出家・関美能留氏(三条会主宰)と地元の照明・音響会社の協力を得て、表現者は相談しながら制作を進める。
→独創性と質が担保された舞台づくりが可能。

⑥実行委員会が運営・事務的サポート(チラシ作成、広報、スタッフ手配、舞台進行や受付周り)を担う。
→出演者は舞台づくりと集客に専心することが可能。

⑦美術家に舞台美術を委託し、出演者はその共通した空間を取り入れ活かした舞台をつくる。
→観客は作品ごとに舞台美術が持つ役割の違いを感じ、作品のみならずそれを実現するシステムにも目を向けるようになる。

スタッフ 主催等

総合演出_関美能留
舞台美術_李侖京
照明_(有)オールライツ
音響統括_(株)プロサウンド
フライヤー意匠_状(shit-u-ation)況

主催:「ニシガワ図鑑」実行委員会
共催:クラレテクノ株式会社(西川アイプラザ指定管理者)
協力:NPO法人 企画on岡山
後援:岡山県 岡山県教育委員会/岡山市/岡山市教育委員会/山陽新聞社 RSK山陽放送
助成:公益財団法人福武教育文化振興財団/おかやま県民文化祭「文化パワーアップ・アクション助成金